マウスピース矯正について

マウスピース矯正について

マウスピース矯正にも、さまざまな種類があります。
その中でもポピュラーなものがアソアライナーとインビザラインです。当院ではこの2種類のマウスピース矯正を採用しています。
インビザライン・アソアライナーとも透明であり、厚さもさほど変わりません。
また、どちらも透明の取り外しができるマウスピースを歯列に取り付けて歯に圧をかけ、新しいマウスピースに取り替えながら歯並びを整えていきます。
フィット具合や装着後の見た目もどちらもそれほど変わりません。

材質等の違い

アソアライナーは歯茎と上あごの一部分までしっかりと覆いかぶさるような深い作り、インビザラインは歯の部分のみを覆う浅めの形をしています。はじめてマウスピースを付けたときは違和感を感じる方もいるようですが、どちらもすぐに慣れ大きな違和感は感じにくいと思います。どちらのマウスピースも同じ材質ですが、インビザラインは1つの歯型から最終的な歯型までを作っていきますが、アソアライナーは来院ごとに毎回歯型をとって動かしていきます。毎回歯型を取ることにより、細かな修正・注文が可能です。

症状に合わせて

前歯の重なりや、矯正治療後の微調整などに使用される場合はアソアライナーをお勧めいたします。
広範囲の矯正には歯並びにもよりますがインビザラインもアソアライナーも使用することが可能です。患者様の口腔内の状態に合わせて最適な治療法をご提案させていただきます。
また、歯並びや骨格の状態により最善の治療方法は個人で異なりますので、マウスピース矯正の適用外となる歯並びの方も、透明の装置を使った目立ちにくい表側ブラケット矯正は可能な場合が多く、裏側のブラケット矯正なども適用できる場合があります。
ぜひ一度カウンセリングにお越しいただければと思います。
カウンセリングでは現在の口腔内を歯科医師が拝見しメリット・デメリットを含め、最適な矯正方法とそれに伴う矯正費用のお見積もりをご提案させていただきます。

当院でのおすすめ

インビザラインは大臼歯を除く歯を動かすことが可能です。
大臼歯まで含めるとブラケット矯正のほうがメリットが多いです。
マウスピース矯正の大きなリスクとしてケースにもよりますが
①正中が合いにくい ②不十分な咬み合わせ ③使用時間が短いと動かないため患者さん側の努力が必要。

~きちんと歯が動き順調に治療が進み、仕上がりに満足してもらう~
最も現実的な解決策は「表側(ラビアル)矯正」だという認識は専門矯正医の多くが持っています。
「ラビアル矯正ならどんな症例にも対応できる」
しかし、表側矯正は装置が見えてしまうことから審美面を気にする方が多いです。
治療期間中の見た目は患者さんにとって大きな問題。
そのため、近年クリアブラケットやホワイトワイヤーなどの改良がなされてきました。

人生の中の2~3年間、確実性をとるか否かは患者様の理解と矯正医の情熱にかかっています。
そこをふまえてのご判断をお願いいたします。まずはご相談ください。

目立ちにくさ 動かしやすさ 違和感 価格 期間
表側クリアブラケット矯正 普通 70万円〜 約2年〜3年
ハーフリンガル矯正 普通〜強い 90万円〜 約2年半〜3年
裏側矯正 強い 100万円〜 約3年
マウスピース矯正 少ない 10万円〜 役1〜2年
部分矯正 普通 40万円~ 約1〜2年

医療費控除で矯正の費用が安くなる

医療費控除とは、あなたやそのご家族が、1年に10万円以上の医療費を支払った場合に、納めた税金の一部が還付される制度です。
費用の上限は200万円です。

子供の矯正の場合には医療費控除がすべて認められますが、大人の場合には審美的要素が強いと税務署で判断された場合には認められないことがあります。そのため顎関節症の改善や歯周病の治療のためなど診断書を歯医者でもらっておくと医療費控除が認められやすくなります。
申請については、国税庁確定申告作成方法をご覧ください。

【医療費控除の計算式】

  • 医療費控除額
    (最高200万円)
  • 実際に支払った
    医療費の合計
  • 保険金などで
    補填される金額
  • 10万円※

総所得の金額が200万未満は総所得金額の5%

よくある質問

Q.小さい頃に矯正治療しなければ、もう矯正治療ができないのですか?
A. 歯があれば誰でもいつでも矯正治療を行うことができます。 矯正治療に年齢制限はありません。 最近は、40~60才の方が、小さい頃に矯正治療を受けれなかったということで、矯正治療を希望される方が多々いらっしゃいます。
Q.矯正装置を付けていて激しいスポーツは可能ですか?
A. 矯正治療をしていてもほとんどのスポーツは可能です。 ただし、唇に直接ボールが当たったり、格闘技で相手の身体がぶつかったりすれば歯の表面に付けている装置と唇とがぶつかって口の中を切ることなどがあります。
Q.矯正装置を付けていて楽器の演奏は可能ですか?
A. 確かに楽器が演奏できなくなることがあります。 通常は暫くすると慣れてくることもありますが、フルートのような唇と楽器との間に通る微妙な空気の流れが要求される楽器では、慣れるのに多少時間がかかります。 中には別の楽器へ転向される方もおられます。
Q.矯正治療は痛いですか?
A. 多少歯が動くときに痛みを伴います。 ご飯を食べるときとかに痛いという方もありますが、個人差があり、全く痛まないという方もいますし、使用する装置や矯正する場所によっても変わってくるでしょう。 痛み止めを飲むほどではないので、老若男女を問わず、皆さんが最後まで矯正治療を続けていらっしゃることをお考えいただければ、ご安心いただけると思います。
Q.矯正治療中に虫歯ができたら?
A. 虫歯の治療が必要な場合は、まず虫歯を治します。そのとき、矯正装置が虫歯治療の妨げになるようでしたら一時的に装置を外すこともあります。虫歯の治療後に矯正装置を戻します。通常、虫歯治療のための装置を外したり付けたりすることに費用はかかりません。