矯正治療とは

矯正治療とは

歯列矯正は、乱れた歯並びや咬み合わせを整えるために行う治療です。

歯列矯正は、乱れた歯並びや咬み合わせを整えるために行う治療です。
歯並びの悪さが改善されれば見た目が美しくなるばかりか、乱れた歯並びが原因だった磨き残し等による歯周病の改善や、咬み合わせがよくなってお口の機能性も向上し、全身の健康にもつながります。

美しい口元と笑顔が得られる

歯並びを気にして、大きな口で笑えなかったり、人からの視線が気になって口元を手で隠す癖がついてしまったり…と歯並びにコンプレックスを抱える方が多くいらっしゃいます。矯正治療によってきれいな歯並びになると自分に自信がつき、笑顔も華やかになります。またコンプレックスの改善により矯正治療後、性格が明るくなる傾向もあるそうです。

虫歯や歯周病の予防になる

歯並びの乱れがあると歯ブラシが十分に行き届かず、磨き残しが多くなります。それにより細菌が増殖しやすくなり、むし歯や歯周病が引き起こされるリスクが高まります。きれいな歯並びは歯ブラシも丁寧に当たりやすくなり、お口の環境が向上します。

顎関節症の予防・治療につながる

左右均等に咬み合わせることができないと、一部に力が集中して噛む際に動かす筋肉のバランスが悪くなります。それによって顎周辺がズレると、顎関節症や肩こりなどの不調を引き起こすことがあります。

発音障害・胃腸障害の改善

不正咬合の場合、歯と歯の隙間から息が漏れたり、舌がうまく動かせなかったりすると、発音が不明瞭になったり滑舌が悪くなったりしがちです。また咬み合わせが悪いと、食べ物を歯で噛み切ったり、しっかり咀嚼したりしにくく、胃腸などの消化器官へ負担がかかり、消化不良を起こす場合もあります。

ブラケット矯正のメリット

ブラケット矯正のメリットは、ほぼすべての症例に適応できることです。噛み合わせや骨格に大きなズレがあるような場合、歯並びを改善する難易度は高くなります。
矯正治療には透明なマウスピースを使う方法もありますが、症例の難易度が高いと治療の適応にならないことがあり、その点、ブラケット矯正(特に表側) は、幅広い症例に適応可能です。また通常、マウスピース矯正よりも期間が短い傾向があります。
素材は金属やプラスチック、セラミックなどがあり、歯の表側か裏側にワイヤーを着けます。
通院は基本的に月1回以上で、ブラケットに引っ掛けるゴムやワイヤーを交換しながら歯並びを整えます。

ブラケット矯正の種類

ブラケット矯正(ワイヤー矯正)は、歯の一つ一つにブラケットという矯正装置をつけ動かすため、0.1mm単位で歯の位置を決めることができます。そのため歯並びや噛み合わせを最もきれいにできる矯正方法です。

①表側矯正(ラビアル) 当院で最も主流の表側のクリアブラケット矯正。ブラケット矯正はもっとも歯を動かせる反面、器具が目立ちやすい治療法です。
しかし、当院では歯の表側にプラスチック製の透明のブラケットと呼ばれる装置と、目立ちにくいホワイトワイヤーを使用し、審美に配慮したブラケット矯正を行っています。
表側矯正は裏側矯正に比べ、動きが速いためブラケット矯正の中では比較的短時間・安価に治療を行うことができます。

②裏側矯正(リンガル) 歯の裏側に矯正装置をつける方法です。
歯の裏側に器具が付くため、矯正装置が表側から目立つことなく矯正治療ができます。
どうしても矯正装置が見えることに抵抗がある方や、職業的に規制がある方に好まれます。
歯の裏側に小さめの金属製のブラケットを装着しワイヤーを通します。
当院ではなるべく違和感の少ない小さいブラケットを使用していますが、ブラケットが舌の触れる位置に付くために違和感が他の治療よりも多くなります。

③ハーフリンガル矯正 下の歯は上の歯に比べて笑った時にも人から見えにくいため、下顎のみ表側、上顎を裏側にブラケットをつける矯正方法です(反対の場合もあり)。
この場合、表側の矯正は透明なブラケットとホワイトワイヤーを使用します。
裏側の矯正には小さめの金属ブラケットを使用します。
裏側矯正と同様、歯並びの状態によっては選択できない場合もあります。

このほかにも、マウスピース矯正(インビザラインまたはアソアライナー)や、セラミックを使った歯並びの改善方法があります。
歯並びや骨格の状態により最善の治療方法は個人で異なりますので、ぜひ一度カウンセリングにお越しいただければと思います。
カウンセリングでは現在の口腔内を歯科医師が拝見しメリット・デメリットを含め、最適な矯正方法とそれに伴う矯正費用のお見積もりをご提案させていただきます。

目立ちにくさ 動かしやすさ 違和感 価格 期間
表側クリアブラケット矯正 普通 70万円〜 約2年〜3年
ハーフリンガル矯正 普通〜強い 90万円〜 約2年半〜3年
裏側矯正 強い 100万円〜 約3年
マウスピース矯正 少ない 10万円〜 役1〜2年
部分矯正 普通 40万円~ 約1〜2年

医療費控除で矯正の費用が安くなる

医療費控除とは、あなたやそのご家族が、1年に10万円以上の医療費を支払った場合に、納めた税金の一部が還付される制度です。
費用の上限は200万円です。

子供の矯正の場合には医療費控除がすべて認められますが、大人の場合には審美的要素が強いと税務署で判断された場合には認められないことがあります。そのため顎関節症の改善や歯周病の治療のためなど診断書を歯医者でもらっておくと医療費控除が認められやすくなります。
申請については、国税庁確定申告作成方法をご覧ください。

【医療費控除の計算式】

  • 医療費控除額
    (最高200万円)
  • 実際に支払った
    医療費の合計
  • 保険金などで
    補填される金額
  • 10万円※

総所得の金額が200万未満は総所得金額の5%

よくある質問

Q.小さい頃に矯正治療しなければ、もう矯正治療ができないのですか?
A. 歯があれば誰でもいつでも矯正治療を行うことができます。 矯正治療に年齢制限はありません。 最近は、40~60才の方が、小さい頃に矯正治療を受けれなかったということで、矯正治療を希望される方が多々いらっしゃいます。
Q.矯正装置を付けていて激しいスポーツは可能ですか?
A. 矯正治療をしていてもほとんどのスポーツは可能です。 ただし、唇に直接ボールが当たったり、格闘技で相手の身体がぶつかったりすれば歯の表面に付けている装置と唇とがぶつかって口の中を切ることなどがあります。
Q.矯正装置を付けていて楽器の演奏は可能ですか?
A. 確かに楽器が演奏できなくなることがあります。 通常は暫くすると慣れてくることもありますが、フルートのような唇と楽器との間に通る微妙な空気の流れが要求される楽器では、慣れるのに多少時間がかかります。 中には別の楽器へ転向される方もおられます。
Q.矯正治療は痛いですか?
A. 多少歯が動くときに痛みを伴います。 ご飯を食べるときとかに痛いという方もありますが、個人差があり、全く痛まないという方もいますし、使用する装置や矯正する場所によっても変わってくるでしょう。 痛み止めを飲むほどではないので、老若男女を問わず、皆さんが最後まで矯正治療を続けていらっしゃることをお考えいただければ、ご安心いただけると思います。
Q.矯正治療中に虫歯ができたら?
A. 虫歯の治療が必要な場合は、まず虫歯を治します。そのとき、矯正装置が虫歯治療の妨げになるようでしたら一時的に装置を外すこともあります。虫歯の治療後に矯正装置を戻します。通常、虫歯治療のための装置を外したり付けたりすることに費用はかかりません。