ブログ記事

矯正の種類(ハーフリンガル矯正)

矯正

以前ご紹介した「表側矯正(ラビアル矯正)」が基本的には期間的にも料金的にも抑えることができますが、
どうしても人に気づかれたくないという方や、
お仕事の関係で表側に矯正器具をつけられないという方もいらっしゃいます。         
       
今回は上顎は裏側・下顎は表側という「ハーフリンガル矯正」をご紹介いたします。         
       

下顎に使用するブラケットは「表側矯正」と同じく、目立ちにくい透明の「クリアブラケット」を使用します。
「クリアブラケット」は従来のブラケットより小型のタイプを使用しておりますので、
装置と接触することから起きる口内炎等のリスクも通常の大きさのブラケットよりも少なくなります。
         
       

また、使用するワイヤーも、オプションにはなりますが、マットなコーティングを施した、
目立ちにくい「ホワイトワイヤー」をお選びいただくことで、さらに目立ちにくくなります。
         
       

さて、上顎に使用するブラケットについては、こちらも従来のものより小型の「メタルブラケット」になります。
金属ではありますが、表側からは見えませんので、矯正治療中であることが分かりにくいです。
         
       

ハーフリンガル矯正は、下顎は表側に装置がついているので全く見えないわけではありませんが、
多くの人の場合、下の歯は他人から見えにくいので、矯正中であることが分かりにくく、
上下両方表側の矯正よりも目立ちにくくなります。
         
       

矯正治療を検討している方、是非一度カウンセリングにお越しください。
         
       
クールホワイトデンタルクリニック
03-3583-8383